ここから本文です

バルサが早くも今季初黒星 昇格組相手に不覚、本拠地でアラベスに敗れる

SOCCER KING 9月11日(日)5時25分配信

 リーガ・エスパニョーラ第3節が10日に行われ、バルセロナとアラベスが対戦した。

 リーガ3連覇に向けて連勝スタートを切ったバルセロナ。今節はリオネル・メッシ、ルイス・スアレスがベンチスタートとなった一方、リオデジャネイロ・オリンピックに出場していたネイマールが今シーズン初めて先発に起用。また、新加入のパコ・アルカセルもスタメンに名を連ねた。

 試合は序盤からバルセロナが主導権を握ったが、なかなか決定機を作り出すことができない。すると38分、アラベスがワンチャンスをものにする。右サイドのキコ・フェメニアがDFをかわしてクロスを供給。ニアサイドに走り込んだデイヴェルソンが左足アウトで合わせてネットを揺らした。

 バルセロナは40分、ハビエル・マスチェラーノからのロングボールをエリア内左のネイマールがヘディングで合わせたが、シュートは枠の右へ。45分には左からのクロスをアルカセル、アルダ・トゥランと頭でつなぎ、最後はイヴァン・ラキティッチが左足で狙ったが、わずかに枠の左へ外れた。

 このままアラベスが1点をリードして前半を折り返す。

 後半立ち上がりの46分、バルセロナはネイマールが蹴った右CKにゴール前のジェレミー・マチューがヘディングで合わせると、このシュートがGKの手を弾いてネットを揺らし、早い時間に試合を振り出しに戻すことに成功した。

 49分には再び右CKを得ると、ゴール前にこぼれたボールをマチューが左足でシュート。だが、ここは枠を捉えることができない。

 アラベスは51分、右サイドからのFKにエドガル・メンデスが右足で合わせてネットを揺らしたが、オフサイドの判定で得点は認められなかった。

 逆転を目指すバルセロナは60分、デニス・スアレスに代えてメッシを投入。64分にはアルダとの交代でアンドレス・イニエスタをピッチへ送り出す。

 しかしこの交代直後にアラベスが勝ち越しゴールを奪う。バルセロナのマスチェラーノが自陣で浮き玉のコントロールをミスすると、これを奪ったイバイ・ゴメスがエリア内に持ち込み、右足のシュートをゴール右下に決めた。

 再び追いかける展開となったバルセロナは65分にアルカセルを下げてスアレスを投入。しかし、集中して守るアラベスの守備を最後まで崩すことができず、試合はこのまま2-1で終了。昇格組のアラベスが敵地でバルセロナ相手に金星を挙げた。

 次節、バルセロナは17日に敵地でレガネスと、アラベスは19日にホームでデポルティーボと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 1-2 アラベス

【得点者】
0-1 38分 デイヴェルソン(アラベス)
1-1 46分 ジェレミー・マチュー(バルセロナ)
1-2 64分 イバイ・ゴメス(アラベス)

SOCCER KING

最終更新:9月11日(日)10時7分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。