ここから本文です

残留へ最初の一歩 名古屋、19戦ぶり勝利に闘莉王「全力でやり続ける」

SOCCER KING 9月11日(日)8時14分配信

 名古屋グランパスは10日、2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第11節でアルビレックス新潟と対戦し、1-0で勝利を収めた。フル出場した元日本代表DF田中マルクス闘莉王が、試合後にコメントを残している。

 昨シーズン限りで退団しフリーとなっていた闘莉王がチームに復帰し、最初の試合を迎えた名古屋。FW川又堅碁のゴールで残留を直接争う新潟に勝利し、リーグ戦で19試合ぶりとなる白星を手にした。闘莉王は先発フル出場し、貢献している。

 闘莉王は試合について「まだまだ課題はあるけど、何よりもこのチームに必要だった勝ち点3が手に入ったのは、最後まで諦めずに体を張ったから」とチームのパフォーマンスをひとまず称賛。その上で「いい流れを作れればいいが、残念ながらあと6試合しか僕らには与えられていないので、みんなで挽回して、みんなで1試合1試合勝てるようにしたい」と残り僅かとなったリーグ戦に向け、早くも気持ちを切り替えている様子だ。

 さらに、「とにかくグランパスのサポーターには悲しい思いをさせたくない。そのために帰ってきたので、全力でやり続けるしかないです。1年ぶりに1試合勝っただけではまだ何も変わったとは言えない。勝ち点を積み上げられるように、みんなでこれから熱い試合をしたいと思います」と、ファンのために最後まで全力をつくすことを誓った。

 闘莉王が復帰し、久しぶりの勝利を手にした名古屋は、次節豊田スタジアムに帰還。相手は年間4位の強敵ガンバ大阪だが、残留に向けて負けられない一戦になる。闘莉王を中心に、名古屋がホームで連勝を飾ることができるか、注目したいところだ。

SOCCER KING

最終更新:9月11日(日)8時14分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]