ここから本文です

モウリーニョ、ダービーでの審判の判定に苦言「2つの決定に失望している」

SOCCER KING 9/11(日) 13:54配信

 プレミアリーグ第4節が10日に行われ、マンチェスター・Uとマンチェスター・Cが対戦。試合後、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が審判の判定に対して苦言を呈した。同日、同クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 試合はマンチェスター・Cがケヴィン・デ・ブライネとケレチ・イヘアナチョのゴールで2点を先行。前半終了間際にズラタン・イブラヒモヴィッチの得点でマンチェスター・Uが前半のうちに1点を取り返したが、そのまま試合は終了し、マンチェスター・Cが今シーズン最初の“マンチェスター・ダービー”で勝利を収めた。

 しかしながら、後半1点を追っていたマンチェスター・Uにとっては不可解な判定がいくつかあった。モウリーニョ監督はそれについて言及し、「私はマーク(クラッテンバーグ主審)の2つの決定に非常に失望している」と、この試合の主審を務めたマーク・クラッテンバーグ氏に苦言。後半に起きた2つの重大なシーンを具体的に振り返った。

「1つ目は(クラウディオ)ブラボのルーニーへのファール。あれはレッドカードで、PKが与えられるべきものだ。しかし恐らく審判は、その判定が試合にもたらす結果を考慮したのだろう」

「もう1つの判定ミスもペナルティ絡みだ。オタメンディが肘を使った場面。自分の前に来ると思っていたクロスが後ろに来たために、肘でボールを止めた。明らかにペナルティをとられて然るべきもので、我々にとっては不当な判定だった」

 それでも、チーム自体にも問題があったと主張。「立ち上がり、何人かの選手は集中力がなく、実力をはるかに下回るプレーだった。時に選手は監督を失望させ、時に大きなサプライズをくれる。それは彼らの落ち度ではなく、私の落ち度だ。私がチームを選択しているのだからね」と、パフォーマンスが低い選手がいたと認め、自身の起用法を責めた。

 次節、マンチェスター・Uは18日に敵地でワトフォードと、マンチェスター・Cは17日にホームでボーンマスと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:9/11(日) 13:54

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。