ここから本文です

アーセナル、エジル&サンチェスとの交渉は順調 2021年までの新契約締結へ

SOCCER KING 9/11(日) 16:28配信

 アーセナルが、ドイツ代表MFメスト・エジルとチリ代表FWアレクシス・サンチェスとの契約延長に近付いているようだ。10日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 現在は2018年6月30日までアーセナルと契約を結んでいるエジルとサンチェス。同紙によると、アーセナルは両選手と2021年までの新契約締結に向けて前向きな交渉が進んでいるようだ。

 話し合いは今年5月から行われていた模様。しかしながら、エジルはドイツ代表としてユーロ2016、サンチェスはチリ代表としてコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016にそれぞれ参加していたため、なかなか交渉に進展がなかった。

 また、エジルに関しては今夏バレンシアから移籍してきたドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィの存在が大きいようで、親しい同胞の加入が契約延長の後押しとなると見られている。

 チームの司令塔を務めるエジルと、加入から2シーズン連続でプレミアリーグで二桁得点を挙げているサンチェス。アーセナルにとって、2人の契約延長は大きな朗報となることは間違いない。

SOCCER KING

最終更新:9/11(日) 16:28

SOCCER KING