ここから本文です

動きの質で鹿島を出し抜いた柏のD・オリヴェイラ「逆手にとって2歩後ろに引いた」

ゲキサカ 9月11日(日)0時1分配信

[9.10 J1第2ステージ第11節 柏2-0鹿島 柏]

 川崎Fと対戦した前節、ハットトリックを記録して年間&第2ステージ首位のチームを叩いた。当然、鹿島アントラーズ戦でも活躍が期待されたが、FWディエゴ・オリヴェイラは沈黙の時間が続く。

 前半、鹿島の日本代表DF昌子源を前に、ほとんど消えた存在だった。昌子のタイトなマークを前に、くさびのボールをおさめることができず、ダイレクトではたくのが精一杯だった。対峙していた昌子は「すごいなぁと思ったことはなかった。何が特長なのかな」と柏の11番に疑問を感じながら最初の45分を終えていた。それでも「武器がある」「ゴール前での(マークの)外し」と、日本代表のセンターバックも舌を巻いた。

 0-0で膠着していた後半13分、途中出場のFW伊東純也が右サイドをドリブルで切り裂いてクロスを送るも、中央のターゲットはディエゴ・オリヴェイラのみ、鹿島はDF伊東幸敏とDFブエノで数的優位をつくっていた。

「伊東(純也)がボールを上げる瞬間に、相手のDFが自分の前に入ろうとしたのが見てとれたので、自分は相手が前に出たのを逆手にとって2歩後ろに引いたんです。そうしたら伊東(純也)からいいボールがきたので、自分は合わせるだけでよかった」。

 あっさりと鹿島ゴールを陥れた8月の月間MVP候補は、「素晴らしいボールを入れてくれたので、半分以上は伊東(純也)の得点」と、途中出場で流れを一変させたチームの“アシスト王”を讃えていた。

最終更新:9月11日(日)0時9分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]