ここから本文です

川崎F谷口のJ1通算4ゴールすべてをアシストしている憲剛「何か貢ぎ物を」

ゲキサカ 9月11日(日)8時0分配信

[9.10 J1第2ステージ第11節 川崎F3-1福岡 等々力]

 セットプレーからの一撃が貴重な先制点となった。引いて守る福岡を攻めあぐねていた川崎フロンターレは前半29分、MF中村憲剛の左CKにニアサイドでDF谷口彰悟が頭で合わせ、均衡を破った。待望の今季初ゴール。「そろそろ欲しいなと思っていたところで(中村)憲剛さんからいいボールが来た」と笑顔で喜んだ。

 前半15分にも左CKから谷口がニアで合わせたが、ヘディングシュートはGKの正面を突いていた。「正直、1本目で決めたかった。憲剛さんから素晴らしいボールが来たし、申し訳なかった」。その14分後に再び訪れた左CKのチャンス。またもニアに走り込み、今度はしっかりゴール右隅に流し込んだ。

 今季初ゴールの谷口だが、プロ1年目の14年に1得点、昨季も2得点を挙げており、J1通算で4ゴール目。そのすべてをアシストしているのが中村だ。これまでの3点はすべて中村のFKに合わせたもの。この日は初めてCKだったが、4点すべてが中村のキックから生まれている。

 報道陣からこのことを伝え聞いた谷口は「知らなかった。初めて知りました」と驚きの表情。中村も意識していなかったようで、「何か貢ぎ物をしてもらわないと」と冗談交じりに笑っていた。

最終更新:9月11日(日)8時0分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]