ここから本文です

復帰戦でいきなりゴールのC・ロナウド、改めて“レアル愛”強調「ここでキャリアを終える」

ゲキサカ 9月11日(日)13時5分配信

[9.10 リーガ・エスパニョーラ第3節 R・マドリー5-2オサスナ]

 レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが今季初出場でいきなりゴールを挙げた。試合後、C・ロナウドが開幕3連勝を喜ぶと共に、改めてレアル愛を口にしている。クラブ公式サイトが伝えている。

 ポルトガル代表として臨んだEURO2016の決勝フランス戦で途中交代を強いられ、内側側副じん帯の捻挫と診断されたC・ロナウド。それ以降、ピッチから遠ざかっていたが、10日のリーガ・エスパニョーラ第3節オサスナ戦で先発で復帰を果たすと、開始6分にFWガレス・ベイルの丁寧なラストパスを流し込んでいきなり先制点を挙げた。

「手応えはとても良いもので、良い調子だと感じた。いくつかの場面で少し怖さがあったけど、怪我を負ったあとだから普通のこと。試合に勝ったし、点も取れたから満足している」

 後半22分までプレーし、復帰戦を5-2の白星で飾ったC・ロナウドが新シーズンのスタートを切った。「すべてのタイトルを勝ち取りたいし、できることならリーガを優勝したい。僕らは良い形でスタートし、この流れを続けて行きたいと思っている。長い戦いになるが、僕らが今年タイトルを勝ち取れると確信している」と、2011-12シーズン以来のリーガ制覇へ闘志を燃やした。

 また、クラブと2021年までの契約延長が報じられているC・ロナウドだが、「レアルでの引退以外は考えていない。レアルは世界で最も偉大なクラブで、最高の選手たちがいる。僕が最も望んでいるのは続けて行くことであり、ここで自分のキャリアを終えること」と改めてレアル愛を口にした。

最終更新:9月11日(日)13時26分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]