ここから本文です

マンチェスター・ダービー50勝目の代償…シティのコラロフ、前歯を失う

ゲキサカ 9月11日(日)18時37分配信

[9.10 プレミアリーグ第4節 マンチェスター・U 1-2 マンチェスター・C]

 マンチェスター・ユナイテッドの本拠地オールド・トラッフォードで、2-1とマンチェスター・ダービーを制したマンチェスター・シティだが、ある選手はその“代償”を払うことになってしまったようだ。

 172回目の伝統のダービーをお互いに開幕3連勝で迎え、序盤から白熱した試合展開となった。シティは前半15分、MFケビン・デ・ブルイネがGKとの1対1を冷静に制し、先制すると、前半36分には19歳のFWケレチ・イヘアナチョがゴールを決め、突き放した。だが、前半42分にFWズラタン・イブラヒモビッチに1点を返されると、後半はユナイテッドに主導権を握られた。それでもリードを最後まで守り抜き、シティが開幕4連勝。マンチェスター・ダービー50勝を達成した。

 宿敵からの白星で歓喜に沸くシティだが、DFアレクサンダー・コラロフが試合中に前歯を折ってしまったようだ。試合後にチームメイトのGKウィリー・カバジェロがインスタグラム(@willycaba)を更新。「彼が今日失くした唯一のものが分かるだろう」とのコメントと共に、前歯がないコラロフとの2ショット写真を掲載した。

 大きな1勝の代償を払うことになったコラロフ。長身のMFマルアン・フェライニらと激しくファイトするなど、フル出場で勝利に貢献し、ジョゼップ・グアルディオラ監督も「際立っていた」と称えていた。

最終更新:9月11日(日)18時39分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。