ここから本文です

帰って来た背番号10!! 復帰弾の清水FW大前「完璧に決められた」

ゲキサカ 9月11日(日)20時17分配信

[9.11 J2第31節 清水 3-1 山形 アイスタ]

 復帰戦でいきなり結果を残した。清水エスパルスFW大前元紀は、6月8日に行われたJ2第17節町田戦で負傷し、肋骨骨折と肺挫傷で全治約3か月と診断されて戦線を離脱していた。そして、山形戦で後半33分にMF金子翔太と交代し、約3か月ぶりにリーグ戦のピッチに戻って来た。

 すると後半36分、鋭い動きで最終ラインの裏に抜け出そうとするとDF田代真一のファウルを誘い、田代は一発退場に。そして、このプレーで得たFKでは大前自らがキッカーを務めると、右足から放たれた狙い澄ませたシュートは鮮やかにゴールネットを揺らした。いきなりのゴール。復帰戦で背番号10は自らの存在価値を改めて証明してみせた。

 試合後のインタビューで「完璧に決められて良かった」と自身のゴールを振り返った大前は、「またこのピッチに立てるのはうれしいことだし、皆のおかげでピッチに立てると思っています。待っててくださった皆さん本当にありがとうございます」と周囲への感謝を述べた。

最終更新:9月11日(日)20時37分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]