ここから本文です

東映アニメ×ガストの新作アプリ『拡張少女系トライナリー』発表! 『アルトネリコ』『サージュ・コンチェルト』の土屋暁が物語を描く

インサイド 9/12(月) 7:30配信

コーエーテクモゲームスは、東映アニメーションとガスト ブランドのコラボレーションによる新作アプリ『拡張少女系トライナリー』を発表しました。

【関連画像】

本作は、アニメとゲームの融合による新たなコンテンツの可能性を切り拓くプロジェクトとしてスタート。アニメとゲームを対等な関係とし、「アニメがゲームのスピンアウトにならない」「ゲームがアニメの関連商品にならない」といった、どちらも原作にとって必要不可欠なコンテンツであることが本作最大のテーマとなります。


アニメとゲームが融合した革新的なスマホアプリとなる『拡張少女系トライナリー』は、戦闘少女として戦う彼女たちを育てながら、ヒロインの女の子たちの日常に関わり、コミュニケーションをとりつつ絆を深めていくアニメクロスリンク RPGです。

アニメとゲームの両立を目指すテーマを掲げ、戦闘と日常を繰り返す彼女たちとの関わりを描く本作を、東映アニメーションとガストがどのように描くのか。気になるポイントや登場キャラクターの情報なども到着しているので、その魅力をいち早くチェックしてみましょう。

◆本作の特徴
■少女たちとの多彩で濃密なコミュニケーション
少女たちとのスマートフォンを通した新感覚のコミュニケーションを実現。普通の女の子としての日常への介入、そして内に抱える不安や悩みの解消の手助けなど、 様々な形で「一緒にいる」感覚を創造します。

■土屋暁が描く、巧妙かつ重厚な完全新作オリジナルストーリー
「アルトネリコ」シリーズ、 「サージュ・コンチェルト」の製作者である土屋暁が、 完全新規の重厚なオリジナルストーリーを執筆。

■スマートフォンで初となる、アニメとゲームの完全なる連動
アニメとゲームの融合が織りなす、新しいプレイ体験を得ることが可能に。

■毎週配信されるハイクオリティなアニメーション
アニメは、毎週アプリ内で配信され、本アプリからであれば無料でいつでも本アニメを楽しむことが可能です。
※最新話については、YouTube やニコニコ動画などでも無料で楽しむことができます。また有料配信サイトであれば、本アニメを楽しむことは可能です。

【アニメとゲームの関係図】
■アニメ
・「メインストーリー」
・それにともなう「戦闘」
・少女たちの「日常シーン」

■ゲーム
・少女たちの「日常シーン」
・「 少女たちの心の中」
・「 少女たちの本心」

◆キャラクター紹介
■いつも元気で笑顔の絶えない天然少女「逢瀬 つばめ」(CV:たけだまりこ)
年齢:15/出身地:静岡

ある病気で中学時代のほとんどを病院で過ごしており、そのときの経験から辛いことでも前向きに頑張る少女。人気アーティストFreyMENOW(フレイメノウ)の大ファンであり、 東京で行われるFreyMENOW のライブに参加するために一人で東京へと向かうが……。



■元剣道少女にして最初のトライナリー「國政 綾水」(CV:中恵光城)
年齢:21/出身地:長野

お節介で面倒見が良く、個性が強いトライナリーたちのまとめ役。高校までは剣道部に所属しており、当時は日本代表として世界剣道選手権大会に出場するほどの腕前。バイクでのツーリングが趣味で、友人には「アーヤ」の愛称で呼ばれる。



■負けず嫌いな射撃の名手「ガブリエラ・ロタルィンスカ」(CV:八木侑紀)
年齢:14/出身地:ポーランド

軍人の父親を持ち、勝負事の勝ち負けに強いこだわりを持つ。周りにも自分にも厳しく、何事にも努力を惜しまない。トライナリーの中では最年少であり、戦闘時には様々な銃を扱う。「ガブ」「 ギャヴィ」の愛称で親しまれる。



■土佐弁を操る不思議系凄腕ハッカー「恋ヶ崎 みやび」(CV:萩原あみ)
年齢:17/出身地:高知

ハッキングやプログラミングなど、パソコンを扱う事全般を得意とし、和食限定だが料理もできる。高知出身で普段は土佐弁で話すほか、IT用語やネットスラングを用いた独特な言い回しをすることが多い。



■心惑わす小悪魔ガール「卯月 神楽」(CV:平山笑美)
年齢:15/出身地:東京

礼儀正しく、頑張り屋な性格だがドジッ子な一面も持つゆるふわ系少女。つばめと同時期にトライナリーに入隊した事もあり親しい仲になる。そんなおっとりした彼女の実態は魔法少女に憧れるヘヴィなラノベ&ゲームオタク。



◆世界観紹介
■舞台
2016年、首都圏に突如出現した巨大な繭。初めて確認されてから数ヶ月たった現在も尚、その正体は何一つ判明しておらず人々はこの正体不明の繭を「フェノメノン」と呼んだ。ただひとつ分かっていることは「フェノメノン」の内側に取り込まれた人々は狂い、殺し合いを始めるようになってしまうことだった。

業を煮やした日本政府は、突発的に出現する「フェノメノン」を収束するべく特殊部隊を結成した。「総務省情報管理庁管轄拡張現実特殊戦略隊群特別攻撃隊」、またの名を―― 拡張少女系トライナリー!

■フェノメノン

画像は開発中のイメージボード
首都圏に出現するようになった謎の繭。その中には「クラン」と呼ばれる存在が形成した全く異なる世界が構築されている。

■クラン

人間の潜在意識が独立し、世界に顕在化した存在。

■トライナリー

画像は開発中のイメージボード
トライガジェットという特殊な装置を扱う能力があり、フェノメノンを収束させる力を持 つ少女たち。

◆ゲーム要素紹介

本作は、コミュニケーションが肝となるゲームです。画面の向こうにいる少女たちとは、スマートフォンを通してコミュニケーションを取ることによってゲームが進行していきます。少女たちを「知り、繋がる」ことにより、彼女たちと真の絆を結ぶことが目標となります。

◆イラストレーター紹介
■キャラクターデザイン:neco氏

フリーのイラストレーター。主にキャラクターデザインやイラストを中心に活動中。
「HATSUNE MIKU EXPO 2016 Japan Tour」メインビジュアル
「ANALOGHACK」ピンナップイラスト 他

【スペシャルクランイラストレーター】
様々な個体が存在するクラン。そのなかでも特殊な存在となる“スペシャルクラン”は、個性と実力あるイラストレーター、マンガ家たちがデザイン。そのクランたちの詳細については、続報にて紹介予定

■吉崎観音
代表作「ケロロ軍曹」など

・スペシャルクラン :ヒストン・シャペロン


■凪良
代表作『アルトネリコ』シリーズなど

・スペシャルクラン:リフィール・ペンドラゴン


■今後参加予定のスペシャルクランデザイナー(50音順)
・いのまたむつみ
・KEI
・shirakaba
・白身魚
・ちょぼらうにょぽみ
・なもり
・日向悠二
・まもウィリアムズ
・美川べるの
・モタ
・四々九

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『拡張少女系トライナリー』は2016年内配信予定。価格は、基本無料のアイテム課金制です。

(C)コーエーテクモゲームス・東映アニメーション

最終更新:9/12(月) 10:58

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]