ここから本文です

野村貴仁氏が“暴露本”出版 清原氏とのやり取り生々しく

デイリースポーツ 9月12日(月)5時0分配信

 覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏(49)と巨人時代に同僚だった野村貴仁氏(47)が“暴露本”「再生」(28日発売、1300円・税別)を出版することが11日、分かった。5月31日に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けてから沈黙を守る清原氏との薬物を巡るやり取りを生々しく振り返っているという。

 今度は一体、どんな話が飛び出すのか。出版元「KADOKAWA」の担当者によると、本書は野村氏が自身の半生を振り返る自叙伝のような内容。「幼少期から現在までが書かれたものです。その中に“そういった話”も出てきています」と、野村氏を通じ、清原氏が薬物に染まっていく様子がつづられているという。

 今回の出版は、2月3日の清原氏逮捕劇から度々、報じられてきた野村氏の“重大証言”に「KADOKAWA」が注目して実現。これまで野村氏はメディアを通じ、1998年から01年までの巨人時代にチームメートだった清原氏に薬物を渡していた、と発言。一気に注目の人となった。今回の“暴露本”で再び耳目を驚かせることになりそうだ。

 オリックス時代はセットアッパーとして2度の優勝に貢献。スーパースターだった清原氏との対戦成績は20打数3安打に抑えていた。1本塁打こそ浴びたものの10三振を奪う“番長キラー”だった。

 今回、野村氏が筆を執ったのは、自身の野球人生を振り返ると共に清原氏の更正を願ってのもの。有罪判決を受けてから公の場に姿を見せない清原氏へ「深く悩んだり考えないで早く元気な姿をファンに見せたらいい」とメッセージも寄せた。

 本書ではオリックス時代の後輩・イチローとのエピソードも紹介。さらに、現役引退後の06年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた当時の“裏話”も。野村氏が任意同行を受けた際、囲まれた警察官から脱走を図ろうとした“逃走劇”の模様や離婚してから連絡が途絶えている家族の話も触れているという。

 今回の「再生」の表紙には、真剣な表情を浮かべながら、しっかりと前を見据えた野村氏の写真がプリント。「明も暗もどん底もここに記す。」とのメッセージ。野村氏と清原氏の“リ・ボーン”から目が離せない。

最終更新:9月12日(月)5時0分

デイリースポーツ