ここから本文です

【ラウェイGP】素手・頭突きありの地上最も過激な格闘技、本格上陸が決定

イーファイト 9月12日(月)12時2分配信

 プロレス団体『ZERO1』などを運営するファーストオンステージが、ミャンマーの“地球上で最も過激な格闘技”と言われる「ラウェイ」の大会を開催していくことを正式発表した。

【フォト】巌流島では持ち味が発揮できなかったトゥントゥンミン

 ミャンマーラウェイは、手にグローブではなくバンテージを着用し、パンチ、キック、ヒジ打ち、ヒザ蹴りに加え、頭突きや投げ技、立ったままの関節と絞め技もありの格闘技。ダウンカウントはなく、ノックアウトされて気絶しても、目を覚まさせて試合を再開するなど、正式にどちらかがギプアップしないと試合が終わらないという過酷なルールで行われている。

 ファーストオンステージは、ミャンマー人以外で初の「ラウェイプロモーターライセンス Grade-A」を取得。これにより、日本国内をはじめ世界中でラウェイ興行を主催することが可能になったという。10月27日(木)東京・後楽園ホールで開催される第一弾大会『Lethwei GP in Japan 2016』は、日本初のMTBF(Myanmar Traditional Booxing Federation)公認大会として行われる。

 同大会では本場ミャンマーの選手同士による試合を3試合、純ラウェイルール6試合の計9試合を予定。すでにラウェイ75kg級王者Too Too(ミャンマー)vsラウェイ73kg級王者Soe Lin oo(ミャンマー)の王者対決、現在ラウェイ最強の男と目されている80kg級王者トゥントゥンミン(ミャンマー)vsムエタイを学ぶアデム(オーストラリア/タイ国フェニックスジム)の2試合が発表されている。

<純ラウェイルール抜粋>
・3分5R、インターバル2分、判定なし(ダウン数ダメージは無関係)
・1Rで3回ダウン、試合を通し合計4回のダウンでTKO
・第1R~第4Rの試合中、劣勢又は失神などが起こった場合、選手またはセコンドがレフリーに「タイム」を要請し、スペシャルタイム(2分間)の休息が許される。最終ラウンドはスペシャルタイムを行使できない。
・グローブは装着せず、バンデージのみで試合を行う。ヒジ打ち、頭突きが認められる。
・故意ではなく流れの中で蹴りが金的に当たってしまった場合は有効打となり試合は続行される。
・選手が流血した場合、レフリーとドクターの判断により続行または勝敗が宣告される。

最終更新:9月12日(月)12時2分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。