ここから本文です

ダスティン・ジョンソンが逃げ切りで今季3勝目 松山英樹は24位

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9/12(月) 7:26配信

◇米国男子プレーオフ第3戦◇BMW選手権 最終日(11日)◇クルキッドスティックGC(インディアナ州)◇7567yd(パー72)

【写真】息子を抱くダスティン・ジョンソンが家族と3ショット

後続に3打差をつけて単独首位から出たダスティン・ジョンソンが1イーグル、6バーディ、3ボギー「67」で回り、通算23アンダーで優勝した。「全米オープン」「WGCブリヂストン招待」に続く今季3勝目を手にした。

ポール・ケーシー(イングランド)が3打差で続き、第2戦「ドイツバンク選手権」と同じく2位でフィニッシュした。第2ラウンドまで首位を守ったロベルト・カストロが通算17アンダーの3位タイとなった。

通算12アンダーの4位には「64」で回ったシャール・シュワルツェル(南アフリカ)のほか、アダム・スコット(オーストラリア)、マット・クーチャー、J.B.ホームズ、ライアン・パーマーが並んだ。

8アンダー9位からの浮上を狙った松山英樹は3バーディ、3ボギー、1ダブルボギー「74」と今週初のオーバーパーを叩き、通算6アンダー24位に順位を下げた。

世界ランク1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)は腰を痛め、前半8ホールを回り棄権した。

今大会を終えてフェデックスポイントランキング上位30人が22日(木)の最終戦「ツアー選手権」の出場権を獲得。松山はランキング17位で参戦する。

最終更新:9/12(月) 9:55

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

なぜ今? 首相主導の働き方改革