ここから本文です

<そして、誰もいなくなった>藤原竜也の本格サスペンス 最終回は視聴率8.5%

まんたんウェブ 9/12(月) 9:31配信

 藤原竜也さん主演の連続ドラマ「そして、誰もいなくなった」(日本テレビ系)の最終回が11日放送され、平均視聴率は8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

【写真特集】恋人は二階堂ふみ、10年ぶり連ドラのヒロミ “岡山の奇跡”も…

 「そして、誰もいなくなった」は、「アンフェア」の秦建日子さんが脚本、藤原さんが主演した映画「カイジ」シリーズなどの佐藤東弥さんが演出を手がけたオリジナル作。藤原さん演じる主人公の藤堂新一が、同姓同名の人物が逮捕されたことをきっかけに、偽者に人生を乗っ取られ、さまざまな事件に巻き込まれる……という本格サスペンス。

 最終回で新一(藤原さん)は、全ての鍵を握る母・万紀子(黒木瞳さん)に会いに行く。すると、車椅子から立ち上がった万紀子は、ナイフを手に藤堂の背後に迫るが、新一が驚いて振り向くと、万紀子はその場に崩れ落ちる。その時、万紀子に日下(伊野尾慧さん)から電話がかかってくる。新一の死を確認するために電話をかけてきた日下は、驚く新一に「いまから俺を殺してみませんか?」と提案する……という展開だった。

最終更新:9/12(月) 9:31

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]