ここから本文です

【中国】液晶のJNC、蘇州に大型設備

NNA 9/12(月) 8:30配信

 液晶材料を手掛けるJNC(東京都千代田区)は9日、中国現地法人の捷恩智液晶材料(蘇州)(江蘇省蘇州市)の液晶ブレンド工場に、大型ブレンド設備一式を導入すると発表した。11月に着工し、来年5月の設備完成を目指す。
 JNCグループでは水俣製造所(熊本県水俣市)で液晶化合物を製造。蘇州工場、市原製造所(千葉県市原市)、台湾の台南工場で液晶化合物をブレンドし、ディスプレー用の液晶組成物を生産している。蘇州工場への大型ブレンド設備の導入により、生産効率を上げるとともに、製造コストの改善を図る。
 JNCによると、中国では現在、液晶ディスプレー生産ラインの新設、増設計画が進んでおり、液晶ディスプレー関連部材の需要量増加が見込まれるという。
 捷恩智液晶材料(蘇州)は2014年12月の設立。16年3月に工場とテクニカルセンターを稼働した。

最終更新:9/12(月) 8:30

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。