ここから本文です

<動画>中村勘九郎、主演舞台「真田十勇士」に自信 「極上のエンターテインメント作品」

まんたんウェブ 9/12(月) 21:38配信

MANTAN

 歌舞伎俳優の中村勘九郎さんが9月11日、新国立劇場(東京都渋谷区)で行われた主演舞台「真田十勇士」の会見に演出の堤幸彦さんらと出席。同作は2014年に公演された舞台の再演で、22日からは映画版も公開される。前作に引き続き主人公の猿飛佐助を務める勘九郎さんは「堤監督が制作発表の時に言った『大変』という言葉はまさにその通り。昨日のゲネプロで初めて舞台で通すことができたけど、終えてみて今日の初日が千秋楽にならないかなって。それくらい大変」と冗談めかしつつ、「大変ということはそれだけ極上のエンターテインメント作品になっている思うので、自信を持ってお客様にお届けしたい。再演とついているけど、パワーアップというか新しい作品になっている」とアピールした。

【動画】篠田麻里子、くノ一姿で意気込み

 舞台で演出を手掛け、映画版では監督を務めた堤さんは「初演で作り上げたキャストやスタッフの熱みたいなものを映画にしたら面白いだろうなと映画にして、その映画では、野原の合戦のシーンなら野原に行ったり、真田丸を実際に作ったりと、具体的なチャレンジをした。(今回の)再演舞台は、その具体性や熱をさらに上回る、非常にポテンシャルの高い想像力で見る舞台にしなければいけないと、全員が必死になって取り組んできた」と振り返った。

 「真田十勇士」は戦国時代の武将・真田幸村が実は非力な人物で数々の武功は十勇士の猿飛佐助の作戦によるものだったという設定で、佐助ら真田十勇士の活躍などを描く。舞台は同日から「新国立劇場 中劇場」で上演。22日からは映画版も公開される。この日は、共演の篠田麻里子さん、加藤雅也さん、浅野ゆう子さん、加藤和樹さんらも出席した。

最終更新:9/12(月) 21:38

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]