ここから本文です

赤坂に創作イタリアン店 「湘南」をコンセプトにしらすのピザなど提供 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月12日(月)7時0分配信

 赤坂に8月29日、創作イタリアン「赤坂アンチョビ」(港区赤坂2、TEL 03-6277-6564)がオープンした。(赤坂経済新聞)

赤外線でグリルしているという「150グラムの牛肩ロースステーキサラダ」

 席数は26席。藤沢市に本店を構える同店。オーナーの佐藤譲治さんは「店内は『湘南』をイメージし、一部壁の色を湘南の海と同じ青色にし、貝などを飾った」と話す。

 メニューには湘南の特産物であるしらすなどを使い、イタリアンをメーンに提供。自家製生地を使った「湘南シラスのPIZZA」や「シラス&ワサビ」、「具がいっぱい気まぐれ」(以上S=1,000円、M=1,200円、L=1,900円)などのピザのほか、「浜名湖産岩海苔のカルボナーラ」や「湘南シラスとアンチョビのペペロンチーノ」(以上1,000円)などのパスタ、ラム肉を使った「ジャマイカ風ジャークラム(2本)」(1,360円)や「150グラムの牛肩ロースステーキサラダ」(1,300円)などの肉料理も用意する。

 アルコールは、ワインとフルーツで作ったという「サングリアカクテル」を用意し、「ビアサングリア 赤」や「サングリアソーダ 赤」(以上550円)などを揃える。店主が厳選したウイスキーや輸入元から直仕入れの世界各国のワインほか、ビールやハイボール、焼酎なども提供する。ハッピーアワーの17時~19時は1杯につきすべて300円となる。

 「ランチタイムはもちろん、仕事帰りなどに気軽に足を運んでいただくなどして普段使いしてもらえれば」とオーナーの佐藤譲治さん。「ビジネス街である赤坂の都会にいながら湘南の雰囲気を感じて癒しになれれば嬉しい。20名から貸し切りも承っている」とも。

 営業時間は、11時30分~15時30分。17時~23時。土曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月12日(月)11時36分

みんなの経済新聞ネットワーク