ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「於尋麻布」

ITmedia LifeStyle 9/12(月) 6:10配信

 所在地は北海道根室管内羅臼町麻布町。北海道の地名はやはり読めないものばかり。珍地名の宝庫です。この於尋麻布ですがなんと「おたずねまっぷ」と読みます。分からないことが何でも載っているドラえもんの地図のような名前ですね。

【正解はこう読みます】

 於尋麻布の由来はアイヌ語で「オ・タッニ・オマ・プ(川口にカンバの木がある)」から来ています。海岸沿いに位置するこの地域には中規模の漁港があり、地元ではあざぶ漁港と呼ばれています。釣りができる場所としても有名でカレイやコマイの数釣りができるようです。明治時代には簡易教育所が作られるなど、教育関連の場所だったという過去もあります。

最終更新:9/12(月) 6:10

ITmedia LifeStyle