ここから本文です

自前主義の脱却 NTT西日本がつくるアライアンスでのビジネス創造

アスキー 9月12日(月)6時30分配信

NTT西日本でイノベーションを推進するアライアンスプロデューサー中村氏が、アライアンスという仕事をとおして見えてきたものとは?
大手企業によるスタートアップ企業への支援が加速している。直接的な投資や協業だけでなく、ピッチイベントの開催、イベントへの協賛、インキュベーションプログラム、アクセラレータープログラムの実施など。大手企業は何を狙い、スタートアップ企業へと近づくのか。
第2回(全4回)
 
 スタートアップとの共同のサービス展開や、アクセラレータープログラムによる新事業創造、さらには20社もの大手企業が集う団体を通じた活動など、多様なスタートアップ支援を展開する西日本電信電話(NTT西日本)。
 
 第2回目はそのキーパーソンの人間像に迫るべく、ビジネスデザイン部ビジネスクリエーション部門のアライアンスプロデューサーの中村正敏担当課長に話を訊いた。
 
“アライアンス一筋”でキャリアを歩む
「今や社内では“スタートアップといえば中村”といったように、スタートアップとのパートナーシップ事業の代名詞的な扱いになっているかもしれませんね」と、中村氏は笑顔を見せる。
 

 これまで同氏がNTT西日本で手がけてきた仕事は、まさに“アライアンスのプロ”と呼ぶにふさわしいものだ。まず、代理店事業を立ち上げるに当たり、全国の代理店網の構築に携わった。そこでは家電量販店や商社などと契約し、自社サービスを拡販することが重要なミッションとなった。ほかにも、ひかりTVなどのコンテンツ配信事業者や、ゲーム会社との提携など、そのキャリアの中心となったのは大手企業とのアライアンス連携であった。
 
「当時から付き合いのある企業の中には、コトの共創ラボに入ってくれたところも多いです。大手企業とスタートアップで組織の規模こそ違いますが、外部とのつながりをつくるという仕事が体に染み付いているのだと思います」と中村氏は言う。
 
 そんな中村氏が新規事業を手がけるビジネスデザイン部へと異動したのは3年前のこと。ここで新たにスタートアップ企業とも交流するようになり、その熱量とスピード感に圧倒され、そして感動する。
 
「10年後にはどんなサービスが世の中で普及しているかわからない時代にあって、イノベーションの中心となっているスタートアップの人達と新しいビジネスモデルをつくりたいと強く感じるようになりました」と、中村氏は振り返る。
 
大企業だけが市場をつくる時代は終わった
 その後、NTT西日本がスタートアップ支援に本腰を入れるようになった背景には、「自前主義からの脱却」という課題があったという。
 
「我々自身を変えていかねばという危機感が根底にあります。ITの進展やグローバル化により、誰でも新しいビジネスを始め、イノベーションを起こせる時代となりました。我々も今までのやり方で既存事業を拡大し、会社が成長し続けることなどまず不可能であり、新しいビジネス創造をしていくためには多様な人材、多様な価値観を大事にしないといけないと感じている」
 
「また一方で、スタートアップ企業が破壊的なアイデアやテクノロジーによりスピーディーに新しい市場を創造していくことを、我々がもつリソースやアセットを活かして、共に共栄し新たな事業を生み出し、市場を牽引する時代へと変わっているのだという意識が強くあります」(中村氏)
 
 そんな中村氏がこれまでアライアンスを結んだスタートアップ企業との取り組み内容について、次回に紹介することとしたい。
 
NTT西日本
コトの共創ラボ
 
文● 小池晃臣/ 編集●ガチ鈴木/ASCII STARTUP 撮影●曽根田元

最終更新:9月12日(月)6時30分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]