ここから本文です

スイス国際航空、エコノミーで有料メニュー 和食49フラン

Aviation Wire 9/12(月) 15:01配信

 スイス インターナショナル エアラインズ(SWR/LX)は、エコノミークラスの機内食でアラカルトメニューの提供を開始した。和食を含む全6種類で、スイス発の長距離路線で提供する。予約制で、1食29スイスフラン(約3050円)から49フラン。

 レンタカーやホテルなどを用意するプログラム「スイス・チョイス」の一環で提供する。エビやマグロの寿司、鶏の照り焼きなどの和食(49スイスフラン)のほか、ハムやチーズ、スクランブルエッグなどの「スイス・ブランチ」(29スイスフラン)、メインに牛フィレ肉を用意する「グルメ・ミール」(49スイスフラン)などを用意する。

 このほか、カリフォルニア産白ワインとトスカーナ産赤ワインをハーフボトル(375ミリリットル)を18フランで提供する。

 出発24時間前まで受け付ける。カイロとテルアビブ、上海路線では提供しない。

 スイス・チョイスは、レンタカーやホテルのほか、空港への送迎やモバイル端末向けSIMカードなどを有料で提供している。

Yusuke KOHASE

最終更新:9/12(月) 15:01

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。