ここから本文です

【WEC】トヨタ、北米大陸2戦目となるテキサスで連続表彰台を目指す

TopNews 9月12日(月)19時57分配信

TOYOTA GAZOO Racingは、北米大陸で行われるFIA世界耐久選手権(WEC)2戦目となる第6戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)6時間レースに臨む。

●【WEC】小林可夢偉「F1で経験済みのコース、違いが興味深い」

2週間前に第5戦が行われたメキシコシティから北へ1500kmほど移動した、アメリカ・テキサス州オースティン近郊に位置するCOTAで、9月17日(土)に決勝レースが行われる。

■小林可夢偉の乗る6号車、前戦に続き連続表彰台を狙う

前戦メキシコで3位表彰台を獲得したTS050 HYBRID #6号車の小林可夢偉、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイの3名は、WECのドライバーズ選手権で2位へと浮上。TOYOTA GAZOO Racingは第6戦でも表彰台獲得を目指す。

■中嶋一貴の5号車、トラブル乗り越え挑む

前戦、中嶋一貴とセバスチャン・ブエミが速さを見せながらもドライブトレーンのトラブルのためにリタイアを余儀なくされた#5号車は、事前テストでの負傷によりメキシコを欠場したアンソニー・デビッドソンが復帰し、再び3人でオースティンに挑む予定。

■トヨタ、超ハイダウンフォースパッケージで挑む

第4戦ニュルブルクリンクと第5戦メキシコ同様、COTAには超ハイダウンフォースパッケージのTS050 HYBRIDを持ち込む。この空力パッケージは、メキシコの不安定な天候の中でも高いパフォーマンスを示した。

1周5.513kmのCOTAは、オースティン市街地から19kmほど南に位置し、その独特なコースレイアウトは多くのドライバーから好評を得ている。高速かつグリップの高いLM P1車両でレースをするのに適したコースでもある。

天候も重要な要素となり、例年30度を超える気温は、ドライバーやピットクルーにとっては過酷な環境となる。ピットクルーは全てのセッションの間、耐火スーツを着用しなくてはならない。暑さだけでなく、過去のレースでは突然の雷雨に見舞われたこともある。2014年は決勝中の豪雨で大混乱のレースとなった。

TOYOTA GAZOO Racingは今季5戦で3回の表彰台を獲得しており、今大会でもライバルのアウディ、ポルシェとの首位争いを目指している。

レースウィークは15日(木)にそれぞれ90分間の公式練習1回目、2回目が行われ、16日(金)の公式練習走行3回目と予選を経て、17日(土)の現地時間午後5時(日本時間翌18日午前7時)に決勝レースのスタートが切られ、6時間にわたるスペクタクルなナイトレースが繰り広げられる。

■佐藤俊男 TOYOTA GAZOO Racingチーム代表

「再びオースティンの地を訪れるのを楽しみにしています。多くのスタッフが第5戦メキシコの後も北米大陸にとどまり、心身ともに万全な体調をもって今週末のレースに臨みます。前戦メキシコで再び表彰台を獲得出来たことに満足していますが、それ以上に力強い走りが出来たことを嬉しく思っています。

超ハイダウンフォースパッケージの開発は全力で続けられており、COTAでも好結果が期待できると思っています。我々はヨーロッパ圏外への遠征初戦でまずまずのスタートを切りました。それだけにこの週末、また上位争いをするのが楽しみです」

最終更新:9月12日(月)19時57分

TopNews