ここから本文です

オークス馬シンハライトと桜花賞馬ジュエラーが激突/ローズSの見どころ

netkeiba.com 9月12日(月)10時3分配信

 オークス馬シンハライトと桜花賞馬ジュエラーが登場。ここでもチューリップ賞や桜花賞のような激闘を繰り広げるか、それとも2頭に割って入る馬が現れるか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■9/18(日) ローズS(3歳・牝・GII・阪神芝1800m)

 シンハライト(牝3、栗東・石坂正厩舎)は無傷の3連勝で挑んだ桜花賞ではジュエラーの豪脚に屈したが、続くオークスで見事女王の座に輝いた。ジュエラーは骨折、メジャーエンブレムは脚部不安、チェッキーノは屈腱炎と、ライバル達が故障に見舞われる中で順調に王道路線を歩んできただけに、ここはキッチリと結果を出してほしいところ。

 ジュエラー(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)は桜花賞でシンハライトを下しGI制覇を果たしたが、その後に骨折が判明。軽度だったのが不幸中の幸いで、ここでの復帰が叶った。今回は故障明けの分、人気はシンハライトに譲ることになるだろうが、能力は互角。本番に向けての好走を期待したい。

 その他、距離短縮歓迎のアットザシーサイド(牝3、栗東・浅見秀一厩舎)、休養で馬体が戻るだろうレッドアヴァンセ(牝3、栗東・音無秀孝厩舎)、決め手上位のアドマイヤリード(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)、良血馬カイザーバル(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)なども秋華賞の出走権を狙う。発走は15時35分。

最終更新:9月12日(月)10時24分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。