ここから本文です

オンデマンド受託製造サービス拡充のため、オフィスと工場を移転

MONOist 9/12(月) 6:55配信

 プロトラブズは2016年8月17日、射出成形・切削加工によるカスタムパーツの試作・小ロットの受託製造の需要増加に対応するため、オフィスおよび工場を神奈川県座間市に移転したと発表した。

 同社が提供するオンデマンド受託製造サービスは、開発・設計者が3D CADデータをサイトにアップロードするだけで、平均3時間で見積もりと3D CADデータに関する製造性の解析結果をオンラインで提示する。標準納期は、切削加工が3日、射出成形が10日で、納期オプションを選択すれば、どのサービスでも最短1日で対応可能だ。

 今回の移転では、同サービスに関わる設備・製造能力を増強し、供給体制の拡充を図る。新社屋の面積は約9000m2で、製造能力は射出成形が年産1500型以上、切削加工が年産4万5000パーツ以上となる。設備面では、射出成形機11台に加え、CNCマシニングセンターを24台から32台、CNC旋盤を2台から3台に増加させた。

最終更新:9/12(月) 6:55

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。