ここから本文です

東武鉄道、SL火入れ式にあわせ記念切符

レスポンス 9月12日(月)8時30分配信

東武鉄道は9月12日から、「東武鉄道 SL復活運転 SL到着・火入れ式記念乗車券」を東武線の主な駅などで発売する。発売額は1000円。

[関連写真]

東武は2017年夏をめどに、鬼怒川線の下今市~鬼怒川温泉間(栃木県日光市)12.4kmでSL列車を運転する計画を進めている。使用する蒸気機関車はJR北海道から借り入れたC11形の207号機で、8月19日に南栗橋車両管区(埼玉県久喜市)に搬入。9月12日には火入れ式が行われる予定だ。

発表によると、記念乗車券はC11 207の到着と火入れ式の実施を記念するもの。南栗橋駅から590円区間の大人用片道乗車券と、下今市駅から410円区間の子供用片道乗車券の各1枚(いずれも硬券)をセットにして発売する。台紙のデザインは「SLの重厚感」を感じさせるものとし、復活運転の概要や搬入の様子などが紹介されている。

3000セットの限定販売で、浅草駅や池袋駅など東武線の55駅と東武グループツーリストプラザ(東京ソラマチ)で発売される。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:9月12日(月)8時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。