ここから本文です

“水のない水族館” 下田市

伊豆新聞 9月12日(月)13時24分配信

 下田市吉佐美の進士利雄さん(86)の「水のない水族館カラー魚拓展」が25日まで、同市吉佐美の住民交流サロン「集まり処わんさ花」で開かれている。周辺にすむ魚介類を色鮮やかに写し取った32点を展示している。

【伊豆の釣り情報 】2016年

 進士さんは海が好きで子どもの頃から釣りを楽しんでいた。魚に興味があったことから、30年ほど前、高橋義彦さんが指導する会に入って習った。自分や親類、家族が釣り、買い求めたものを魚拓に取っている。

 田牛で釣り上げられた5キロクラスのマダイ、多くの釣り人が狙うイシダイやマアジ、ミノカサゴ、キンメダイ、ハタタテダイなどを展示。色合いなど細部にこだわって表現している。

 場所は市立朝日小横の国道136号沿い。時間は午前10時~午後5時。水曜日定休。

 【写説】進士さんが制作した32点が展示されているカラー魚拓展=下田市吉佐美の「集まり処わんさ花」

最終更新:9月12日(月)13時24分

伊豆新聞