ここから本文です

マエケン9敗目 イチローは日米通算4300安打

東スポWeb 9月12日(月)11時15分配信

【フロリダ州マイアミ発】ドジャースの前田健太投手(28)は11日(日本時間12日)、敵地でのマーリンズ戦に先発し、6回を8安打3失点(自責点2)で9敗目(14勝)を喫した。マーリンズのイチロー外野手(42)は2番・右翼で先発出場し、4打数1安打。日米通算4300安打となった。

 古巣・広島の25年ぶり優勝受けてマウンドに上がった前田。初回、初球を先頭ゴードンに中前に運ばれた。今季2度目の対決となった2番イチローにも初球を打たれたが投ゴロ併殺。3番プラードは2球目を中飛とわずか4球で片付けた。2、3回は連続で三者凡退。ストレート系は見せ球にしてスライダー、チェンジアップ、カーブで打たせて取った。

 しかし、4回はその変化球を狙われた。先頭ゴードンは空振り三振。続くイチローにスライダーを中前にはじき返され、対戦5打席目で初安打を献上。日米通算4300安打を記録された。3番プラードにはチェンジアップを右前に運ばれた。4番イエリチにフルカウントから左中間に適時打されイチローが生還。1点を先制された。5番ボアには1ボールからカーブを右犠飛され、2点目を失った。さらに連続内野安打されたが、8番エチャバリアを左飛に仕留め、追加点は許さず。5回は三者凡退に片付けたが、6回に先頭から2連打され、さらに守備陣の2失策もからみ3点目を失った。前田はこの回を投げ終えたところで降板した。

 前田は「あまり状態が良くなかったが、うまく粘れた。狙ったところに行かなかったし、意図したアウトを取れる回数は少なかった」と振り返った。イチローとの対戦はこれで通算6打数1安打。「他の打者より楽しい。独特の感覚を持っている」と話した。

最終更新:9月12日(月)11時15分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)