ここから本文です

現代自「アイオニック」EV 販売が累計1千台=韓国

聯合ニュース 9月12日(月)9時35分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国・現代自動車のエコカー専用車「アイオニック(IONIQ)」の電気自動車(EV)モデルが、発売から約2か月で1000台の販売を記録した。韓国のEVとしては最速での1000台販売となる。

 「アイオニックエレクトリック」は3月に韓国で初公開、6月23日に初出荷された。同社は12日、累計販売台数が先週1000台を超えたことを明らかにした。

 月別の販売台数は6月が131台、7月が574台、8月が270台と、韓国EV市場で首位を守っている。納車待ちも約2000台ある。

 同社関係者は「現在も1日平均40台の購入契約が結ばれている」としながら、「当初の目標だった国内EVシェア60%は十分達成できると期待する」と述べた。

 業界は、市場規模がさほど大きくない国内エコカー市場でアイオニックエレクトリックが期待以上の善戦を見せていると評価する。充電インフラのサポートをはじめとするEV顧客限定サービスが購入の敷居を下げることにある程度成功したとの見方もある。

 アイオニックエレクトリックは一回の充電で、国内発売済みのモデルでは最長の191キロを走行できる。環境部と自治体の補助金も販売を後押ししている。

最終更新:9月12日(月)10時7分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。