ここから本文です

J・サダイキス&E・ハリス主演のロードトリップ映画「コダクローム」にエリザベス・オルセン

映画.com 9/12(月) 12:00配信

 [映画.com ニュース] ジェイソン・サダイキスとエド・ハリスが親子役で共演する新作ロードムービー「コダクローム(原題)」に、エリザベス・オルセンが出演することが決定した。

 英エンパイア誌によれば、本作は2010年に米ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された、ジャーナリストA・G・サルツバーガーによる記事「For Kodachrome Fans, Road Ends at Photo Lab in Kansas」をもとにした作品。映画は、コダックのフィルム「コダクローム」の生産終了が決まり、カンザス州に唯一残る閉鎖目前のラボで写真を現像するため、ロードトリップに出かけた父(ハリス)と息子(サダイキス)を描く。なお、オルセンの役どころは明らかになっていない。

 ジョナサン・トロッパーの脚本をもとに、14年の映画「Copenhagen(原題)」で高評価を得たマーク・ラソがメガホンをとる。撮影は、カナダ・トロントですでにスタートしている。

最終更新:9/12(月) 12:00

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]