ここから本文です

松山英樹が4年ぶりの「日本オープン」出場を明言

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9/12(月) 9:27配信

米ツアーを主戦場にする松山英樹が11日(日)、10月の国内男子ツアーのメジャー大会「日本オープンゴルフ選手権競技」(13日開幕/埼玉・狭山ゴルフ・クラブ)に出場することを明らかにした。

日本オープン出場明言!松山英樹のフォトギャラリー

松山の日本ツアー出場は昨年11月「ダンロップフェニックストーナメント」以来、「日本オープン」はアマチュア時代の2012年大会以来4年ぶりとなる。「プロになって初めてなので、どういう感じか分からないですけど。どういうトーナメントだったかも忘れている…(笑)。でも、アマチュアの時に勝ったコースというのもあって、出てみようと思いました」。松山は東北福祉大時代の2012年、ことしの会場である狭山ゴルフ・クラブで「日本学生ゴルフ選手権競技」を制覇。2位に6打差をつける圧勝だった。

米ツアーの2016-17年シーズンは「日本オープン」と同じ週に行われる10月の「セーフウェイオープン」(カリフォルニア州ナパ)でスタート。松山は開幕戦を欠場して国内メジャーに出場し、翌週から米ツアー第2戦「CIMBクラシック」(マレーシア)、第3戦「WGC HSBCチャンピオンズ」(中国)に出場する予定。

日本からアジアシリーズに乗り込むことで、体調面で良い状態を保つことができるが「それもありますけど、無理をすればナパからでも(マレーシアに)行ける。ナパのコースも好きなので。でも、日本オープンに出たいと思った」と話した。

22日(木)開幕のプレーオフ最終戦「ツアー選手権」(ジョージア州アトランタ)終了後に帰国する見込み。「(日本で)期待に応えられるようなプレーができたらいいと思いますけど、もう1試合(ツアー選手権)あるので、しっかりといい結果を残して戻れるようにしたい」と“日本一”の称号がかかるタイトル獲得に意欲を見せた。(インディアナ州カーメル/桂川洋一)

最終更新:9/12(月) 14:38

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。