ここから本文です

半導体検出器を搭載したPET/CT装置とSPECT/CT装置を発売

MONOist 9月12日(月)8時55分配信

 GEヘルスケア・ジャパンは2016年8月25日、半導体検出器を搭載したPET/CT装置「Discovery MI」と、SPECT/CT装置「Discovery NM/CT 670 CZT」を発売した。併せて、PET診療を支援する読影ソリューション「Centricity Universal Viewer 100 edition PET」も発売した。

 新たに発売されたDiscovery MIは、半導体検出器「LightBurst Digital Detector」を搭載。画像上のノイズを低減し、TOF(Time of flight)時間分解能を向上させたことで、病変を見るための解像度が従来の2倍に向上した。感度と雑音等価計数率(NECR)は約20%向上し、検査時間を従来の半分に抑え、ET/CTによる被ばく量を従来比2分の1に低減している。

 全身用SPECT/CTのDiscovery NM/CT 670 CZTは、新たにテルル化亜鉛カドミウム(CZT)検出器を採用している。CZT検出器は、ガンマ線を直接電気信号に変換し、効率・精度の良い信号処理を実施するため、散乱線成分を低減し、低ノイズの画像を取得できる。

 また、エネルギー分解能・コントラスト分解能の向上により、2核種同時収集検査の精度も向上している。被ばく量・検査時間を従来の2分の1にすることで、従来は別日に分けていた2つの検査が1日で実施でき、患者の負担も軽減するという。

 同時に発売されたCentricity Universal Viewer 100 edition PETは、PET読影に必要なCT/MRIなどの過去画像を自動で取得するほか、PET読影に必要なSUVなどの解析機能も備えた。さらに、同社独自の画像レイアウト学習機能「SRP(Smart Reading Protocol)」を搭載。最適な画像レイアウトで読影を開始でき、読影効率が従来比19%向上した。

最終更新:9月12日(月)8時55分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]