ここから本文です

ダニエル・ラドクリフ、初の悪役は「キャリアの通過儀礼」…『グランド・イリュージョン』を語る!

cinemacafe.net 9月12日(月)13時35分配信

豪華キャストたちが、実際に実現可能なトリックをスクリーンで魅せる『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』。このほど、9月1日より公開され、夏休みの人気作品の中で大ヒットスタートを切った本作から、初めての“悪役”を髭面で熱演したダニエル・ラドクリフのインタビュー映像が、いち早くシネマカフェに到着した。

【画像】共演のジェシー・アイゼンバーグ

本作で、ジェシー・アイゼンバーグやマーク・ラファロら人気キャストたちを貶める悪役、天才科学者ウォルターを演じたダニエル。誰もが知る世界的大ヒットシリーズ『ハリー・ポッター』の主演俳優として、世界で最も有名な俳優の1人となった彼は、今回悪役を演じられたことに「キャリアの通過儀礼」と喜びを覗かせつつ、本作でついに共演を果たした“憧れの俳優”との撮影を笑顔でふり返っている。

『ハリポタ』後のダニエルといえば、大作のみならず、小規模の意欲作や舞台にも多数出演し、そのキャリアをさらに磨き上げてきた。本作では、ジェシーらの“フォー・ホースメン”たちにやけに馴れ馴れしく、殺しも全くいとわない不気味な“悪人”ウォルターを迫真の演技で見事に演じている。

映像でインタビューに応えるダニエルの姿は、ワイルドな“髭面”。しかし、青い瞳でまっすぐこちらを見つめながら真摯に本作について語る姿からは、大ヒットシリーズにあぐらをかくことなく、役者として高みを目指し続けてきた男の姿が見て取れる。

「イギリス人の悪役になれたことは面白かった」と、キャリア初の悪役としての出演を語るダニエル。彼の言う“イギリス人の悪役”とは、ハリウッドのキャスティングにおいて見られる傾向の一つで、作品を象徴する圧倒的な悪役にイギリス人俳優が起用されることが多いことから来ている。いまなお広く支持を集める名作『レオン』のゲイリー・オールドマンや、最近では『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のベネディクト・カンバーバッチなど、イギリス人俳優によって演じられた悪役は、秘めた狂気を巧みに表現する高い演技力で鑑賞者を虜にしてきた。

また、ダニエルは劇中で“親子”として初共演を果たした、『ダークナイト』3部作や『グランドフィナーレ』などで知られる大ベテラン、マイケル・ケインとの共演についても熱く語る。時折、ジェスチャーを交えながら、やや興奮気味に語る姿からは、演技とはまた異なる彼の本心が伺えそうだ。ちなみに本作では、主人公を追い詰める静かな狂気を、親子役の2人のイギリス人俳優がどう演じるのかは見逃せない。

最後に、作品に関して問われたダニエルは、「キャラクターたちの関係や、イリュージョン」を見どころとして挙げながら、ほかにも面白いことがたくさん描かれた映画であると、ストーリーに“含み”を持たせた言い方で、映画の出来映えに強い自信を覗かせている。


劇中では、大企業や権力者によって不正に巻き上げられた金や財産を華麗なイリュージョンショーで奪い、民衆に還元する正義の犯罪者集団フォー・ホースメンと、彼らの“盗みの技術”を利用しようと企む天才科学者ウォルターの知のバトルが繰り広げられる。ダニエルが語るように、イリュージョンだけでなく登場人物たちの因縁や不可思議な言動などにも、注目してほしい。

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』は全国にて公開中。

最終更新:9月12日(月)13時35分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。