ここから本文です

日本オープンで松山英樹、石川遼がそろい踏み アダム・スコットも参戦

ゴルフ情報ALBA.Net 9月12日(月)14時26分配信

 日本ゴルフ協会(JGA)は主催するオープン競技の記者会見を12日(月)都内で行い、今季の開催概要などを発表した。10月13日(木)から16日(日)開催される「日本オープン」には米国に主戦場をおく松山英樹、腰痛による長期欠場から復帰して「RIZAP KBCオーガスタ」で優勝を飾った石川遼、そして3年連続となるアダム・スコット(オーストラリア)の出場も発表された。

2012年大会ローアマチュアを獲得した初々しい松山英樹

 松山は書面で「日本のファンの皆様に少しでも成長した自分のプレーを見ていただきたいと思い、今年の日本オープン出場を決意しました。また、今年の会場の狭山ゴルフ・クラブは、自分が2012年に日本学生選手権で勝ったコースですので、思い出の地で久しぶりに皆さまの前でプレーすることを心待ちにしています」とコメントを寄せた。

 会見に出席した戸張捷トーナメントプロデューサーは「アダム・スコットが今年も“喜んで参加させてくれ”と言ってくれました。それから、松山英樹もエントリーを済ませました。石川遼も米国の公傷制度の中の5試合でジャパンオープンにチャレンジをさせていただきたいと意思表示があってエントリーをいただいた」とコメント。続けて「組み合わせを悩んでいるところで、どうしようかなと」とうれしい悲鳴を上げるとともに、トーナメントの盛り上がりを期待した。


(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9月12日(月)14時26分

ゴルフ情報ALBA.Net