ここから本文です

マリリン・マンソン、泥沼離婚のジョニー・デップを擁護「彼は素晴らしい人間」

cinemacafe.net 9月12日(月)13時45分配信

マリリン・マンソンがアンバー・ハードとの泥沼離婚劇でジョニー・デップが不当に叩かれたと発言した。

【写真】マリリン・マンソン/フォトギャラリー

元パートナーのヴァネッサ・パラディとの間にリリー=ローズとジャックの2児を持つジョニーについてマンソンは「俺はリリー=ローズのゴッドファーザーだし、ジャックが生まれたときにはその場に居合わせた人間さ。だから俺たちの関係はかなり遡るよ」「ジョニーは俺が知っている中でも最も良い人の1人さ。友だちや周囲の人間へのその親切ぶりには胸が痛くなるっていうレベルくらいだからね。だから彼が不当にも餌食にされたっていうことは俺には分かっているよ」と語った。

15か月間の結婚生活を経てアンバーが5月にジョニーとの離婚申請をした際、ジョニーから暴行を受けたとして接近禁止令を求めており、その後にもアンバーの浮気を疑ったジョニーが激怒して誤って自身の指を切る大けがをしたエピソードなど、2人の大ゲンカが次々と報じられていた。

しかしマンソンはジョニーへの一連の批判が真実ではないとして、「Daily Beast」に「俺は何があっても彼につくよ」「友人として、彼が状況に対して最善の対処をしていることは分かっているし、彼は素晴らしい父親でもあるからね。彼の子どもたちがあんなにおかしく賢く育っているのを見るのは俺にとって喜びだからね」「わりと最近ショーも一緒にやったよ。自分の友だちのことを語るのって難しいけど、もちろん報道のすべては嘘だと思っているし、彼は素晴らしい人間だと思っているよ」と語った。

アンバーとジョニーはついに先月、離婚条件の同意に至り、裁判官はドメスティックバイオレンスの訴えを棄却していた。

(C) BANG Media International

最終更新:9月12日(月)13時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。