ここから本文です

松山英樹、石川遼、アダム・スコットが「日本オープン」に出場

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月12日(月)14時20分配信

米ツアーを主戦場とする松山英樹、石川遼、アダム・スコット(オーストラリア)が10月13日(木)から埼玉県の狭山ゴルフ・クラブで行われる国内メジャー「日本オープンゴルフ選手権競技」に出場することが決まった。主催の日本ゴルフ協会(JGA)が12日(月)に発表した。

松山英樹&石川遼の競演フォトギャラリー

松山が同大会に出場するのはアマチュア時代の2012年以来4年ぶりで、プロ転向後は初めて。同じ週に行われる2016-17年シーズンの米ツアー開幕戦「セーフウェイオープン」を欠場して、初の国内メジャー優勝を狙う。

腰痛のため2月に戦列を離れた石川は、7月に国内ツアーで復帰し、2戦目の8月「RIZAP KBCオーガスタ」で優勝した。米ツアーへのカムバックを前に、4年ぶりの大会出場を決めた。

2013年の「マスターズ」王者であるスコットは2014年から3年連続の出場となる。14年に38位、15年は7位の成績を残している。「今年こそは優勝したいです。皆さんとお会いできることを楽しみにしています」とコメントを出した。

最終更新:9月12日(月)15時5分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]