ここから本文です

2アシストマークの原口、独誌で2試合連続MOM「ピンポイントパス&完璧なタイミングのクロス」と絶賛

GOAL 9月12日(月)18時36分配信

ヘルタ・ベルリンは10日に行われたブンデスリーガ第2節、インゴルシュタットとのアウェー戦で2-0の勝利を収めた。2アシストを記録した日本代表FW原口元気は、ブンデスリーガ公式ウェブサイトに続き、ドイツ『キッカー』でもマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

原口は8分にFWベダド・イビセビッチの先制点をアシストすると、86分にはFWユリアン・シーバーのヘディング弾を見事なクロスで演出。その活躍にヘルタを率いるパル・ダルダイ監督は「ゲンキが再びピッチ上で一番のパフォーマンスを見せた選手だった」と褒めたたえていた。

そして12日に発表された『キッカー』の採点でも、原口に対する評価は高かった。原口のプレーにGKルネ・ヤーステインと並ぶ「2」とチーム最高タイの採点をつけ、次のような寸評を記載した。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

「“縫い目”へのピンポイントパス、そして後には完璧なタイミングのクロス。原口元気はこの2アシストにより、勝利という成功に大きく貢献した」

『キッカー』では第1節フライブルク戦のマン・オブ・ザ・マッチにも選出された原口。これまでチームが記録したリーグ戦4ゴールすべてに絡む活躍を見せ、ヘルタの史上初となるリーグ戦開幕2連勝の立役者となった。

GOAL

最終更新:9月12日(月)18時37分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]