ここから本文です

映画「デスノート」小畑健監修による、新たな死神アーマ役に沢城みゆき

コミックナタリー 9/12(月) 7:00配信

大場つぐみ、小畑健監修による実写映画「デスノート Light up the NEW world」に登場する、死神・アーマの声を沢城みゆきが担当することが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

アーマはマスカットが好物で、死神よりも人間にシンパシーを感じているキャラクター。原作「DEATH NOTE」に登場する死神・シドウをベースに、佐藤信介監督からの「色気と美しさのある死神」との要望を取り入れ、小畑監修のもと制作が行われた。

映画「デスノート Light up the NEW world」は10月29日ロードショー。なお映画と連動したオリジナルドラマ「デスノート NEW GENERATION」がHuluにて、9月16日より毎週金曜日に3週連続で1話ずつ配信される。

沢城みゆきコメント
佐藤監督からお声がけいただきまして、なんとも豪華な俳優陣の中に、恐縮ながら参加させていただくことになりました。…死神ってこういうもの、という何か共通項があるのかなと思っていたら、私達人間同様、本当に三“神”三様だったのが印象的です。ぜひ劇場でお確かめいただけたらと思っています…!

(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

最終更新:9/12(月) 7:00

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]