ここから本文です

ボイメン・ハロプロ出演 日本初名古屋シネコンで始まったアイドル定期公演

THE PAGE 9/12(月) 14:00配信

 名古屋駅のミッドランドスクエアシネマ2でアイドルの定期公演が始まった。出演するのは、モーニング娘。16をはじめとするハロー!プロジェクト所属のグループ、BOYS AND MEN、BOYS AND MEN研究生。シネコンを舞台に定期的なイベントを行うのは日本初の試み。仕掛け人の統括プロデューサー、ENPLEX羽雁さんに開催のきっかけについて聞いた。

スクリーン前のスペース活用できないか

――開催のきっかけは?

「映画を観に行った時、スクリーンが増設されるというCMを見たのがきっかけです。現在、ミッドランドスクエアに7スクリーンあり、新たにミッドランドスクエア2としてシンフォニー豊田ビルに7スクリーンできると。客席の前にあるスペースで何かできないかと思い、その場でサイズを測ってみると、何か行うには十分な大きさがあった。偶然、中日本興業の社長と旧知の仲だったため、スクリーン前のスペースを活用して何かやりませんか?と提案したら、名古屋の映画館事情として平日の夜間の入りが良くないという問題を抱えていて、ちょうど映画館の活用法を考えていたため、プロジェクトが動き出しました」。

名古屋の拠点を求めていたハロー!プロジェクトも参加決定

――実現までに苦労した点は?

「いくつもの課題を同時に処理しなければならなかった。1年に1回、映画館で映画を観る人は全人口の1割という現状。減少の一途を辿っている映画人口を増やしたい。今増えつつあるライブビューイングなども一例ですが、映画館に足を運んでもらうための策がさらに必要だということ。そのために映画以外のコンテンツを導入していきたい。考えた結果、映画館の前スペースを会場としたイベントをすることに。メンバーは東海エリアを代表するエンターテインメントグループBOYS AND MEN、BOYS AND MEN研究生、そして名古屋の拠点を求めていたハロー!プロジェクトに決定。収益の構造なども考え、各事務所や映画館側とも交渉が成立したのがよかったですね。ただ、照明や音声、映画館ならではの消防法などいくつも乗り越えないといけない問題が浮上。ひとつひとつクリアにしていき、ようやく記者発表にこぎつけました」。

1/2ページ

最終更新:9/12(月) 19:23

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]