ここから本文です

6カ国協議の韓米代表きょう午後会合 北制裁問題を調整

聯合ニュース 9/12(月) 9:58配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の韓国と米国の首席代表が12、13の両日にソウルで会合し、北朝鮮の5回目核実験に対する追加制裁案を協議する。

 米国首席代表を務めるソン・キム国務省北朝鮮担当特別代表は11日に東京で日本首席代表の金杉憲治外務省アジア大洋州局長と協議したのに続き、12日午後来韓する。ソウルで韓国首席代表の金ホン均(キム・ホンギュン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長と夕食を兼ね協議する予定だ。両首席代表は13日午前も協議した後、共同会見を行うとされる。

 キム氏の韓日訪問は北朝鮮が9日に5回目核実験を実施する前から予定されていたが、核実験の実施を受け北朝鮮に対する追加制裁を協議する場となった。

 北朝鮮の核実験実施後、韓米間では首脳、外相、6カ国協議首席代表間でそれぞれ電話会談が行われたが、高官以上が対面して協議するのは今回の6カ国協議首席代表による会合が最初だ。韓国政府当局者はこの会合について、「国連安全保障理事会としての追加制裁はもちろん、2国間としての独自制裁、グローバル(国際社会)での北朝鮮への圧力などが話し合われるだろう」と述べた。

最終更新:9/12(月) 10:06

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]