ここから本文です

<亜人ちゃんは語りたい>テレビアニメが17年1月スタート キャラビジュアルも公開

まんたんウェブ 9月12日(月)15時15分配信

 マンガ誌「ヤングマガジンサード」(講談社)で連載中のペトスさんのマンガが原作のテレビアニメ「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」が、2017年1月からTOKYO MX、MBSほかでスタートすることが分かった。「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」などに参加してきた安藤良さんが監督を務め、「ソードアート・オンライン」などのA-1 Picturesが制作する。

【写真特集】個性的な亜人が続々登場 可愛いけど…

 また、バンパイアの小鳥遊ひかり、デュラハンの町京子、雪女の日下部雪、サキュバスの佐藤早紀絵、バンパイアの小鳥遊ひまり、人間で高校教師の高橋鉄男といった個性的なキャラクターのビジュアルも公開された。

 「亜人ちゃんは語りたい」は、サキュバス、バンパイア、デュラハンなど人間とは違う存在の“亜人”に興味を持つ高校生物教師・高橋鉄男と生徒の亜人たちの交流を描いた学園コメディー。2014年に創刊された「ヤングマガジンサード」で創刊号から連載されている。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:安藤良▽シリーズ構成・脚本:吉岡たかを▽キャラクターデザイン:川上哲也▽美術監督:針生勝文▽色彩設計:赤間三佐子▽撮影監督:宮脇洋平▽CG監督:那須信司▽編集:西山茂▽音響監督:明田川仁▽音楽:横山克▽制作:A-1 Pictures

最終更新:9月12日(月)15時18分

まんたんウェブ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。