ここから本文です

「インフェルノ」特別映像が公開、トム・ハンクスが人類の危機を救うため奔走

映画ナタリー 9月12日(月)9時0分配信

「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第3弾「インフェルノ」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作はダン・ブラウンの小説を原作とする「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続くサスペンス。トム・ハンクス扮する宗教象徴学者ロバート・ラングドンが人類の危機を救うため、詩人ダンテの叙事詩「神曲」の地獄(インフェルノ)篇に隠された秘密に挑む。ラングドンとともに謎を追う女医シエナを演じたのは、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」で主演を務めるフェリシティ・ジョーンズ。シリーズ前2作に引き続き、ロン・ハワードが監督を務めた。

特別映像の前半には、ハワード、ブラウン、ハンクスが登場。「チェルカ・トローヴァ(探し 見いだせ)」という言葉が、ラングドンたちが挑む謎を解くための鍵であることが示唆される。そして後半に映し出されるのは、ラングドンとシエナが人類の危機を救うために奔走する姿。オマール・シーやイルファン・カーンら脇を固める共演者たちも姿を見せる。

「インフェルノ」は10月28日より全国でロードショー。

最終更新:9月12日(月)9時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。