ここから本文です

『バットマン:アーカム VR』イベント“バットマン100%ホットトイズ”で試遊出展中

ファミ通.com 9月12日(月)14時52分配信

●“Be the Batman”を六本木で体験!
 ワーナー ブラザース ジャパンは、2016年10月発売予定のプレイステーション VR専用ソフト『バットマン:アーカム VR』を、東京・六本木の泉ガーデンギャラリーで開催中のイベント“バットマン100%ホットトイズ”にて試遊開始した。

 以下、リリースより。

----------

「バットマン100%ホットトイズ」は、絶賛公開中の映画「スーサイド・スクワッド」の公開を記念して開催中の今秋最大級の体感型エキシビションイベントです。
1939年の誕生以来、多様にメディア化され人々を魅了している、ポップカルチャーの最強アイコン『バットマン』のハイエンドなリアルフィギュアを創出し続けるホットトイズが、六本木にバットマンの秘密基地、バットケーブを建設。
バットケーブに集められた世界各国の無数の玩具コレクションを通じて、バットマンの歴史を深く体感することができる、バットマンファンは見逃せない一大イベントです。

この「バットマン100%ホットトイズ」にて、8日(木)より「バットマン:アーカムVR」の試遊がスタートいたしました。対一般ユーザーへの試遊としては、これが初めてのものとなりますす。(※大変申し訳ございませんが、試遊用の機材は1台となります。プレイ時間はお一人様15分程度のため、1日にご試遊いただける人数には限りがございます。ご来場いただいても人数の関係上試遊いただけない場合もございます。予めご了承ください)

「バットマン:アーカムVR」は、DCコミックスのスーパーヒーローバットマンになってゴッサム・シティの謎を解く、いわば「自分自身がバットマンとして、現実にそこにいる」ことを実現させたソフトです。開発は、全世界で高評価を博した「バットマン:アーカム」シリーズ三部作を手掛けたRocksteady Studios。「究極のバットマン体験」を創り上げたRocksteady Studiosが、今度はVRでその体験をまさに究極のリアルへと昇華させています。

VRが実現した究極のバットマン体験を、この機会にぜひ六本木のバットケーブで体感してください。
“Be the Batman”

「バットマン100%ホットトイズ」イベント概要
東京・六本木のバットケーブに隠された、バットマンおもちゃ美術館に潜入せよ。

開催期間:2016年9月25日(日)まで/入場無料
開催時間:10:30~17:30
会場:六本木・泉ガーデンギャラリー 〒106-0032東京都港区六本木1-5-2

・ホットトイズ製フィギュア歴代&ジオラマ展示
ホットトイズが11年間に渡って造りあげた100点に及ぶバットマン関連のフィギュアを展示

・バットマン玩具ミュージアム
1960年代に日本の職人によって作られた、希少なブリキ玩具を始め、ファン垂涎のヴィンテージ玩具の数々を一挙展示

・映画で実際に使用されたコスチュームが来日
映画『スーサイド・スクワッド』の撮影で実際に使用された主要キャラクターのコスチューム、10点が来日

・有名人デザインのオリジナル・バットマン
ホットトイズ製の1/6スケール「バットマン」フィギュアをベースに、日本を代表する有名人16名が、「リ・イマジネーション」。

※会場内オフィシャル・ストアにて、このイベントでしか入手できないアイテムを販売しております。売り切れの際はご容赦ください。



BATMAN: ARKHAM VR software (C) 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by Rocksteady Studios
BATMAN and all characters, their distinctive likenesses, and related elements are trademarks of DC Comics (C) 2016. All Rights Reserved.
WB GAMES LOGO, WB SHIELD: TM & (C) Warner Bros. Entertainment Inc. (s16)

最終更新:9月12日(月)14時52分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。