ここから本文です

事務所も寝耳に水か 浜崎あゆみ離婚発表“先走り”の裏事情

日刊ゲンダイDIGITAL 9月12日(月)17時0分配信

 歌手の浜崎あゆみ(37)が11日13時にファンクラブ会員向けのブログで14年3月に結婚した10歳下の米国人医大生と離婚したことを発表。日曜の真っ昼間の唐突な発表だったため芸能マスコミは事実確認などで騒ぎになっている。

「伝えたいこと。今日は、皆へ報告したい事があります」と切り出した浜崎。13年12月に同ブログで婚約したことを発表していたが、「3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれの道へ進むことになりました。彼は彼の想う道を。私は私の想う道を」と離婚を報告。

 同ブログで発表した理由については「報道等が先行してTA(=ファンクラブの略称)へ届くのだけは絶対にいやだったので、自分からここで伝えさせてもらいました」と説明し、「引き続きTAツアーのリハと新曲のレコーディングに集中して突き進みますっ!!!」と今後の意気込みをつづった。しかし、「実はまだ離婚は成立していません」と話すのは事情を知る関係者だ。こう続ける。

「ファンクラブ向けのブログの書き込みは浜崎が直接行っているため所属するエイベックスも寝耳に水だったそうです。しかも、まだ正式には離婚は成立していないそうで、浜崎が先走ってファンに報告した形です」

 エイベックスでは「プライベートなことなので本人に任せている」(広報担当者)と話すが、なんとも人騒がせというしかない。

■昨年夏にはすでに別居

 浜崎は11年の元日、突如、オーストリア人と結婚することを発表。同日、米・ラスベガスにて挙式したが、日本国内での婚姻手続きをしていなかったため、戸籍上は未婚のまま。それからわずか1年後の12年1月、今回と同じブログで離婚の意向を発表。直後に離婚申請が受理されていたため今回で「バツ2」の身となったが、そもそもこの医大生との結婚自体がホントだったのか? といぶかる声もある。

「浜崎は今回離婚した男性との交際をスタートさせてから拠点を米・ロサンゼルスに移していましたが、昨年夏、早くも夫との別居を報じられ一人で日本に戻っていた。その後、別の男性との写真をツイッターにアップするなど破局をにおわせていただけに驚きはない。もともと、欧米の歌手や男性に憧れており、米国人との結婚は永住権取得が目的ではないかとすら言われていましたから」(音楽関係者)

 一世を風靡したかつての歌姫も近年はヒット曲がなく話題になるのはプライベートばかり。このまますんなり離婚となるかどうかはわからないが、3度目もありそうな予感である。

最終更新:9月12日(月)17時0分

日刊ゲンダイDIGITAL