ここから本文です

【英国】貿易収支、7月は赤字縮小

NNA 9/12(月) 9:00配信

 英政府統計局(ONS)は9日、7月の貿易収支(季節調整済み、速報値)が117億6,400万ポンドの入超となったと発表した。輸出が増えた一方で輸入が減ったため、赤字幅は前月から11億5,600万ポンド縮小。6月は、同月として過去最悪の赤字を記録していた。
 輸出高は248億700万ポンドと、前月から3.4%増加。中でも船舶や燃料、食品・飲料・たばこが伸びた。輸入高は0.9%減の365億7,100万ポンドだった。
 地域別に見ると、対欧州連合(EU)域内向けの赤字は75億7,600万ポンド。輸出が大きく9.1%、輸入が2%それぞれ伸び、入超幅は前月から6億4,300万ポンド縮小した。今回は英国のEU離脱決定後のデータが反映されており、通貨ポンドの対ユーロ安が輸出を後押ししたとみられる。対EU域外は輸出が1.9%減ったが、輸入の落ち込み(4.3%減)がそれを上回ったため、赤字は41億8,800万ポンドと5億1,300万ポンド減少している。
 原油は全体で5億8,900万ポンドの入超。輸出が26.9%増えた一方、輸入が4.3%減少し、赤字は4億6,500万ポンド減っている。
 英国経済の原動力であるサービスの収支は、72億6,200万ポンドの黒字。輸出が横ばいだった半面、輸入が0.7%増え、出超幅は8,500万ポンド縮小した。
 財とサービスを合わせた全体の赤字は45億200万ポンドと、10億7,100万ポンド縮小している。

最終更新:9/12(月) 9:00

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]