ここから本文です

【京成杯AH】ロードクエスト完勝 今後はマイル路線!池添がローテ決定?

デイリースポーツ 9月12日(月)6時5分配信

 「京成杯AH・G3」(11日、中山)

 1頭だけ馬なりで4角を回ったロードクエストが、坂下で楽々と先頭に立つ。追えば、さらに加速。そのまま難なく押し切って、同レースの1番人気13連敗に終止符を打った。

 馬は昨年夏の新潟2歳S以来1年ぶり、池添にとってはスプリングSで主戦となって以降、初の勝利をつかんだ。「なかなか結果が出せなかったけれど、取りあえず1つ、やっと1つ返せました」。37歳の中堅がホッと笑みを浮かべた。

 「良かった。安心したよ」。そう言って笑った小島茂師は前日晩、ともに広島県出身の両親(自身は東京都出身)を広島カープがVを決めた東京ドームに連れて行った。「次はいつ見られるか分からない。いい親孝行になったね」。緒方監督や黒田らの胴上げに、興奮冷めやらぬ一夜を過ごしたという。

 「マイルで行きましょう。富士S(10月22日・東京)から」。池添はオーナーサイドにその場で伝えたようだ。これには「ローテまで決めやがって。そうか。天皇賞はないかあ。でもあれだけのジョッキーが言ってくれるんで」とトレーナーは苦笑い。秋の路線はくっきり描かれた。マイルCS(11月20日・京都)で頂点を狙う。

最終更新:9月12日(月)19時48分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]