ここから本文です

「磁性」を視覚化して体感できる双方向シアター 秋田県「TDK歴史みらい館」に10月7日登場!

ねとらぼ 9月12日(月)8時10分配信

 秋田県にかほ市にある「TDK歴史みらい館」のリニューアルに伴い、磁性を視覚化して体感できるシアターが10月7日に導入されます。

【幻想的な世界が広がる】

 「インタラクティブ マグネティックフィールド シアター byチームラボ」は、四方と下方が全て映像で囲われた空間を自由に歩き回りながら、通常肉眼では見ることのできない磁性を視覚化して体感できる作品。

 宇宙、地球、電子の3つの世界に分かれており、中にいる人が浮遊するオブジェクト(地球、惑星、オーロラや自由電子)に触れると、それぞれの世界に移動します。

 作品はあらかじめ作られたものではなく、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれており、見ている人の位置や行動の影響を受けながら変容していきます。

 手掛けたのは、新江ノ島水族館の「ナイトワンダーアクアリウム2015」などを演出してきた「チームラボ」です。

 TDK歴史みらい館はJR羽越本線・仁賀保駅より徒歩約10分。料金は無料ですが、団体の場合は事前の申し込みが必要です。

会期 10月7日~ 常設

会場 TDK歴史みらい館(秋田県にかほ市平沢字画書面15)

時間 10時~18時

休館日 月曜日(祝日を除く)、TDK歴史みらい館の定める日

最終更新:9月12日(月)8時10分

ねとらぼ