ここから本文です

三菱自動車のカタログ燃費修正---自動車取得税・自動車税7億円を納付へ

レスポンス 9/12(月) 9:45配信

高市総務大臣は、三菱自動車の燃費不正問題で、8車種がカタログ燃費より悪い燃費だったことに関して、納税不足額が自動車取得税が5億円程度、自動車税が2億円程度になるとの見込みを発表した。

[関連写真]

三菱自は8月30日、現行販売している8車種について、国土交通省の調査数値がカタログ燃費値と乖離しているとして燃費値の修正を届け出て、翌日に国土交通省が新たな燃費値を確定した

新燃費値によると不正のあった8車種のうち3車種は「自動車取得税のエコカー減税」、「自動車税のグリーン化特例」などの修正が生じ、納税不足額が発生する。

高市大臣によると「納税不足額は、一定の前提を置いた上で機械的に試算すると、自動車取得税が5億円程度、自動車税が2億円程度になると見込んでいる」としている。

また、「納税不足額は、三菱自動車が負担するということを前提として、具体的な納付方法などについて早急に調整していく」としている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/12(月) 9:45

レスポンス

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。