ここから本文です

守備のミス挽回 明大・牛島が決勝3ラン「取り返したかった」

スポニチアネックス 9月12日(月)7時0分配信

 ◇東京六大学野球第1週第2日 明大7―4東大(2016年9月11日 神宮)

 今春リーグ最多5本塁打を放った明大の牛島が決勝アーチを放った。加勢の中前打で同点に追い付いた8回だ。なおも1死一、二塁で勝ち越しの3ラン。左翼ポール際の打球だったが「何とか切れないでと思って見ていた。守備で自分のミスもあったので取り返したかった」と振り返った。

 今夏は大学日本代表として日米大学選手権優勝に貢献。強打の捕手が本領を発揮した。

最終更新:9月12日(月)7時0分

スポニチアネックス