ここから本文です

「魔法少女育成計画」に日笠陽子、水瀬いのりら出演決定 魔法少女紹介PV第2弾も公開

映画.com 9月12日(月)17時0分配信

 [映画.com ニュース] AT-X、TOKYO MXほかで10月から放送を開始するテレビアニメ「魔法少女育成計画」の新キャラクタービジュアルと出演キャスト、魔法少女紹介PVの第2弾が公開された。

【関連画像】日笠陽子、水瀬いのり、松田利冴、松田颯水、西明日香がそれぞれ演じるキャラクターたち

 同作は、遠藤浅蜊氏によるライトノベル(宝島社刊)が原作。数万人にひとりの割合で常人離れした身体能力と可憐な容姿、特殊能力を備えた「魔法少女」を生み出すソーシャルゲーム「魔法少女育成計画」の中で起きる、16人の魔法少女による生き残りをかけた過酷な戦いを描く。

 新たに発表されたキャラクターのうち、毒舌なお姫様姿の魔法少女ルーラ役を「けいおん!」の日笠陽子、無口な白スク水姿の魔法少女スイムスイム役を「Re:ゼロから始める異世界生活」の水瀬いのりが務める。このほか、天使姿の魔法少女ミナエル役には「銃皇無尽のファフニール」の松田利冴が、ミナエルの妹のユナエル役には松田利冴の実妹でもある松田颯水が、気弱な犬耳の魔法少女たま役には「きんいろモザイク」の西明日香が選ばれた。

 日笠は「ルーラは魔法少女でいる時は人に命令したり罵ったりすることが多いですが、現実世界では本当はいい奴だったりするので、その空気感や言い慣れない雰囲気を出せればと思っています」と意気込み、水瀬は「ポップでかわいらしいと思いきや、中身は意外にもシビアというか、ハッとさせられることが多い作品です。毎週驚きが待っていると思います」見どころを明かした。

 また、姉妹で出演が決まった松田利冴と颯水は「ソーシャルゲームという身近なコンテンツが題材であったり、せっかくの魔法も万能ではなかったり、『もしかしたら自分の身に起こっていたかもしれない』と思わされる方もいるかもしれない」(利冴)、「アバターのかわいらしさと、リアルな人間の感情が出てくるまを、ぜひご自身の目で観ていただきたい作品です」(颯水)とコメントを寄せ、西は「たまは、とても気が弱くておとなしい女の子。まるでワンちゃんのような見た目がとてもかわいらしいです」と話している

最終更新:9月12日(月)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。