ここから本文です

Capeson、フル・アルバム『HIRAETH』をリリース 初ワンマン・ライヴの開催も決定

CDジャーナル 9/12(月) 17:36配信

Capeson、フル・アルバム『HIRAETH』をリリース 初ワンマン・ライヴの開催も決定

Capeson、フル・アルバム『HIRAETH』をリリース 初ワンマン・ライヴの開催も決定

 水曜日のカンパネラや綿めぐみなどの楽曲を手がけるクリエイターズ・コレクティヴ「Tokyo Recordings」によるプロデュースの下で昨年リリースされた初作品『Portrait1』が話題となった気鋭シンガー“Capeson(ケイプソン)”が、いよいよフル・アルバム『HIRAETH』(TR-0005 2,315円 + 税)をリリース。10月19日(水)の発売が決定しています。

 シルキーなファルセット・ヴォイスと、AORからシューゲイズのテイストまで含む内省的なPBR&Bサウンドが話題を呼び、今年7月にリリースされた本人によるハンドナンバリング&題字をあしらった限定シングル「Believe My Eyes」もすでに入手困難となっているCapeson。アルバムには、『Portrait1』でもコラボレートした“Aqualung”ことMatt Halesとの「Sunshine」や、THE MUSICのシンガーとしてのみならず、CLEAN BANDITのヒット曲「Real Love」を手がけたコンポーザーとしても知られるRob Harveyと、GUILLEMOTSのフロントマンFyfe Dangerfieldによる「Bow And Arrow」といった楽曲を収録。タイトルとなっている単語“HIRAETH”は、“二度と目にすることが叶わないかも知れないという恐れを含んだ、故郷へ戻りたいという願い”という意味を持つウェールズ語特有の表現。生い立ちや故郷と決別しようとするCapeson自身の意思と重ね合わせているとのこと。

 なお、アルバムのリリースを記念し、10月19日(水)には東京・渋谷 TSUTAYA O-nestにて初ワンマン・ライヴの開催も決定しています。

最終更新:9/12(月) 17:36

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]