ここから本文です

【セントウルS】ビッグアーサー圧逃!春秋スプリント王へ好発進

デイリースポーツ 9月12日(月)6時5分配信

 「セントウルS・G2」(11日、阪神)

 歴代の名スプリンターたちを超えた。今春の高松宮記念馬ビッグアーサーがアッと言わせる逃げ切り勝ち。1番人気馬の勝利は10年ぶりで、高松宮記念馬のVは初めて。鮮やかに前哨戦を制し、スプリントG1春秋連覇に向けて、大きく視界を広げた。

 スピードの絶対値が違った。ビッグアーサーがスプリントG1春秋連覇へ好発進。秋初戦をVで飾った。

 アッと言わせる逃げ切りだった。福永が選択したのは誰もが予想しなかった“ハナ”。好発を決め、外から競りかけてきたスノードラゴンを振り切ると、リードを広げて直線へ。最後まで余裕の手応えで押し切った。主戦は「スタートさえ良ければ行かせようと思っていた。こういう競馬をさせたかった」としてやったりの表情だ。

 高松宮記念でG1初制覇。レコード樹立で強さを見せつけた。展開や条件に左右されないことが王位を不動のモノにする。「スピードがあって能力の高い馬なので、どんな競馬もできる。控えて2番手の方が楽だけど、行かせてどれぐらい辛抱できるか、と。次に向けて行き脚もつけたかったので。最後まで脚色は鈍らなかった」。スピードを最大限に生かす策で結果を求め、パートナーもその期待にあっさりと応えた。

 過去にはビリーヴ、ロードカナロアが2着に敗れるなど、春の王者が苦戦したレース。高松宮記念優勝馬のVは初めてのことだ。先に見据えるスプリンターズS(10月2日・中山)に大きな自信と弾みをつけた。ユーイチは「隙がなくなってきたと思う。もう試すこともない。もうひとつタイトルを獲りたい」と胸を張る。史上5頭目のスプリントG1春秋連覇へ、さらに加速を続ける。

最終更新:9月12日(月)7時50分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]